練習試合 VS大阪大谷大学 1、2本目

6月8日。

本日は和歌山大学にて大阪大谷大学
との練習試合が行われました。

45分を3本行います。



来週15日からリーグ戦が再開するため、本日の練習試合が最後の調整となる。


この試合を通して、
パス回しのテーマ
「ショート、ショート、ロング」
守備のテーマ
セカンドボールを拾うための
「リスクケア」
この2つを意識し、この試合で何が足りないかを見つけ、改善していく必要がある。



それでは、1本目のメンバーを
紹介します。

FW        北村       中山
MF  大枝  一柳   森田  榎
DF  尾崎  高砂   小川  吉岡
GK               石井   



一本目キックオフ!


和大は立ち上がりは、中山のヘディングを使うため、ロングボールを
蹴っていく。

序盤はセカンドボールの拾い合いと
なる。



セカンドボールを拾うと、
一柳、森田、北村、榎が細かくつなぎリズムを生み出していく。




そして、前半10分ごろから
一柳を中心につなぎ始める。

DFラインからビルドアップし、
攻撃を組み立てていく。


すると、前半20分には、
高い位置でボールをもった吉岡から
榎、北村と細かくつなぎ最後は中山へ。

中山がターンしてシュートを放つが
キーパーに止められてしまう。


しかし、その直後。
前半22分。試合が動く。

大阪大谷大が和大の左サイドでボールをもつと、中央に浮き球のパスが通る。

このパスを受けた相手に森田がプレスをかけるが振り向かれてしまい、
スルーパスを出されてしまう。

抜け出された相手に決められ失点。
0-1。


すぐに取り返したい和大。


すると、前半25分。
左サイドで尾崎、大枝、中山、北村の4人でパスを回し、敵を引きつけ、
中央へ展開。

パスを受けたのは一柳。
一柳が榎と中へ入ってきた大枝とのパスで崩し、フリーの中山へ!
ここは中山がきっちりと決め1-1と
する。




その後も、北村、榎、一柳が
シュートを放つもネットを揺らす
ことは出来ない。


前半はこのまま終了してしまう。






続いて2本目。
メンバー、フォーメーションは変わらずいきます。



和大は立ち上がりから攻めたて
後半5分には、裏へ飛び出した中山が
シュートを放つなど和大ペースで
試合を運ぶ。


また、後半10分にも榎がシュートを
放ち、攻撃に勢いをつける。



後半26分。
少し疲れの見えた森田に変わり
大幡を投入。
大幡を右サイド、榎をボランチに
置くことで、さらにパスを回し、
攻撃的にいく。




しかし、後半30分。
和大は相手コートでのパス回しを
カットされ、一気にカウンターを
仕掛けられる。

相手のスピードに和大のDFライン
が対応出来ず、ゴール左すみへ
決められしまう。1-2。



残りは15分。
まだ時間はあるので、取り返したい和大。



たが、試合時間も残り10分となった
あたりからDFラインの位置が
上がらず、和大の攻撃に厚みが
生まれなくなる。


徐々に和大の攻撃が単調となって
しまう展開に。



それでも後半43分。
ゴールキーパーのパスを一柳が
高い位置で奪うと、北村、中山へとつなぐ。
中山がサイドに走りこんできた
大幡へパス!

フリーで受けた大幡がシュートを放つ!!



しかし、このシュートは
枠の上を通りすぎてしまう。




そしてスコアはこのまま動かず
終了してしまう。


試合結果
前半1-1   得点者  中山
後半0-1
合計1-2