近国2回戦 VS大阪教育大学

8月2日。
この日は近国2回戦、大阪教育大との試合が行われました。



相手は1部のチーム。
公式戦、練習試合共になかなか試合できることのない相手。


現状の和大がどこまで通用するか試していきたいところ。



そんな試合のスタメンはこちら。

FW            中山
MF  中谷    一柳    笠原
          森田      榎
DF  大枝 小川  高砂  吉岡
GK              石井


4-5-1のフォーメーション。

一柳、森田、榎がサイドに散らし、
サイドから勝負を仕掛けていきたい。



前半和大ボールでキックオフ!!




和大はキックオフ直後から攻めたてる!
左SBの大枝から一柳へボールを当て、一柳が左SHの中谷へ。
中谷が相手DFを1人かわし、中央の中山にクロス!

このボールは合わずルーズボールに。
しかし、これに反応したのは森田!

森田はミドルシュートを放つもシュートはゴール左にそれてしまう。


和大はキックオフから勢いを見せつけた。

この勢いを持続させていきたい。


しかし、大教大も和大のミスから素早くゴール前まで運び、和大ゴールを脅かす。


GK石井の粘りもあり、なんとか防ぎきれる展開が続く。


だが、前半8分。
和大は大教大に先制点を許してしまう。

和大の左サイドの裏へロングボールが放り込まれる。
このボールをCB小川が処理し、クリアしようとしたが、相手FWに阻止され、ボールを奪われてしまう。
すると、そこから和大の左サイドを崩されクロス。
このクロスをゴール左隅に流しこまれ失点。0-1。



まだ失点は1点。
取り返すチャンスはある。
和大は攻撃の手を緩めてはいけない。


しかし、前半23分。
大教大のMFにゴール右上へミドルシュートを決められてしまう。0-2。


この失点から徐々に和大の攻撃が噛み合わず、なかなか大教大のゴールへ迫れない。


すると、前半32分、34分、35分と立て続けに3失点し、0-5となってしまう。


前半はこのスコアで終了。




続いて後半。
メンバーはそのまま。

まずは一点を取りかえす。
その勢いを後半から見せていきたいところ。


しかし、後半2分。
和大の右サイドを突破され、小川と石井が体をはってシュートをとめにかかるがこぼれ球を押し込まれてしまい失点してしまう。0-6。



とにかく一点取りにいきたいが
DFラインを上げれず攻撃に枚数をかけれない。

そして、後半11分、14分にも失点し、0-8となってしまう。



和大は後半16分。
運動量の落ちた笠原に変わり、谷を投入。


前線にフレッシュな選手を置き、攻撃の活性化を図りたい。




しかし、後半26分。
和大のミスから大教大のカウンター。
少し、前に出ていたGK石井のポジションを見逃さず、センターサークルを超えたところからロングシュートを決められてしまう。0-9。






スコアはこのまま動かず終了してしまう。


試合結果
前半  0-5
後半  0-4
合計  0-9




格上の相手ではあったが、自分たちの強みを試すことすらできなかった。


DFラインを上げることができず、
攻める時間帯を作れない。
守備では、人数をかけて奪うシーンがなく、サイドで1対1もしくは数的不利を作られてしまい、後手の守備を強いられている。

失点の原因をそのままにせず、残りの8月の間に改善し、チーム全体に共通意識を持たせることが必要である。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    スタップ細胞 (水曜日, 06 8月 2014 20:44)

    大教相手に0-9なら大健闘じゃないですか。

  • #2

    OB (水曜日, 06 8月 2014 22:02)

    すごい更新の遅さですね。