後期リーグ第9節 VS大阪大学

11月9日。

本日は大阪大学とのリーグ戦がありました。



後期リーグも残り3節となり、
和大は残留のためこの残りの3節を
全て勝利することで残留の可能性が出てきます。




本日の相手である大阪大学は、
前期1-6で敗戦している。




左サイドとFWに強く速い選手がおり、鋭いカウンターを持ち味としているチーム。

不用意なミスを減らし、和大の右サイドをいかに封じるかが勝利の鍵である。




そんな大事な試合を戦うメンバーは
こちら

FW         小川           
MF  山縣  榎  近田
        一柳  田中
DF大枝 北村 吉岡 濱田
GK         小栗


キャプテンの高砂はイエローカードの累積により出場停止。

代わりのFWには一回生の小川が入る。



午前中からの雨で滑りやすいピッチのなか前半キックオフ!



和大は立ち上がりシンプルにロングボールを蹴り、長身の小川が競り合う。

セカンドボールを榎、一柳、田中で拾い攻撃を展開していく。




ところが、なかなかボールが拾えず
逆に阪大の攻撃を受ける展開。




すると、前半2分。

阪大のコーナーキック。


ニアへ鋭いボールが放り込まれ、
和大はGKとDFが見合い反応が
遅れてしまう。

その一瞬のスキに阪大に叩き込まれ
試合開始早々に失点してしまう。
0-1。



立ち上がりにスキを見せてしまった。
お互いに会話し、注意を促しながら
集中していかなければならない。


まだまだ時間はある。
気持ちを切り替え、まずは、
前半のうちに追いつきたい。



しかし、失点の焦りからか和大はボールがあまり収まらない。

DFラインがボールを持っても前線の引き出す動きとかみ合わずパスが回らない。



阪大のカウンターに耐える時間に。




集中を取り戻した和大DFラインが
阪大の攻撃を防ぐものの、和大の攻撃にできず苦しい展開。


それでも、前半30分にはセンターサークル少し前から小川がミドルシュートを放ち、おしくもバーに当てるなど少しずつ攻撃に転じていく。




ここで、前半37分。
山縣に代わり左サイドに中谷を投入。

この投入から攻撃の流れは和大に!
中谷が攻撃の中心となり、阪大ゴールを目指す!

前半のうちに同点にしたい和大。







しかし、阪大のがっちり固めたDF陣をなかなか崩せず前半が終了してしまう。







続いて後半。
メンバーは田中に代わり中山を投入。
中山は右サイドへ入り、右サイドだった近田はトップ下へ、そして榎が
ボランチに入る。



後半キックオフ!!



和大はフレッシュな中山、中谷に
ボールを集め攻撃を組み立てる。



すると、後半1分。
元気の有り余った中山が早くも魅せる。


相手コートの真ん中やや右でフリーでボールを受けた中山。


ここで思い切って豪快なミドルシュートを放つ!!


少しポジションを前にとっていた相手GKは慌てて下がって対応しようとするが、中山のシュートはGKの頭上を越えゴールネットを揺らす!
1-1。

後半開始早々の同点弾。
ここで和大は勢いに乗りたい。




しかし、阪大も黙ってはいない。
得意の素早いサイド攻撃で和大ゴールを脅かす。


和大DF陣とGK小栗が体を張ってゴールを守る。
後半10分までに5本のシュートを
打ち込まれるがなんとか失点せずに抑える。


すると、ここからは攻守が目まぐるしく代わる激しい展開に。


和大は相手コート深くまで攻め込むものの、阪大DFラインを崩し切ることができない。








両チーム1-1のスコアのまま、
試合は終盤へ。




ここで和大ベンチは動く。

後半40分。
とにかく一点欲しい和大はパワープレーを選択。

左サイドバックの大枝に代え、下神を投入。

DFを左から北村、吉岡、濱田、
MFを左から中谷、榎、一柳、近田。
FWを小川、下神、中山の長身でフィジカルの強い3人を配置。

3-4-3のフォーメーションに。


後半も残り5分ちょっと。
ここで、和大は連続でFKを獲得し続ける。


キッカーは吉岡。
ゴール前へ放り込まれたボールをFWの3人が競り合い、こぼれた所を濱田、榎、近田で詰める。





しかし、ゴールが奪えない。
負けられない阪大もカウンターを仕掛け、和大ゴールへと迫る。

和大はバーとポストに救われながらパワープレーを続けていく。



そして、試合時間もロスタイムに入った時、和大にチャンスが訪れる。


阪大のカウンターを北村が止め、左サイドでフリーとなっていた中谷へロングパス。

阪大のカウンターで手薄になった相手コートを中谷のスピードで切り裂き一気にGKと一対一に!

中谷はシュートを放つ。









だが、中谷のシュートは、GKの体にあたりコースが変わってしまう。

小川や中山がゴール前へ詰めるも
得点には至らず。


ここで無情にも試合終了のホイッスル。




試合結果
前半  0-1
後半  1-0    得点者  中山
合計  1-1




結果は引き分けとなりました。
この結果より、勝ち点が足りず
2節を残し、和大は自動降格となります。




これまで和大サッカー部を作りあげ、応援してくださったOBの皆様には、応援に応えることができず、大変申し訳ありません。


来期は3部リーグで戦うことになってしまいましたが、1年で再び2部リーグへ帰ってきますので今後とも応援よろしくお願いします。



リーグ戦はあと2節、
・11月16日(日)
  vs追手門大学  @天理大学 白川G
  14時15分~
・11月22日(土)
  vs京都教育大学  @近畿大学
  14時15分~
がありますのでご都合がよろしければ試合を見に来て頂けたらと思います。



和歌山大学サッカー部はこの悔しさを忘れず日々精進してまいります。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    柳原 (土曜日, 15 11月 2014 18:00)

    OBとして残留できなかったことは非常に残念です。しかし、現役の選手たちが本気で闘った結果なのであれば、来年以降も応援しようという気持ちになれます。それは他のOBの方々も同じだと思います。
    ですから残り2節、その悔しさや勝ちたい気持ちをプレーで表現し、来年度も応援したいという気持ちにさせてください。以上