後期リーグ最終節 VS京都教育大学

11月22日。

本日はリーグ最終戦である
京都教育大学との試合がありました。


和大は本日の試合をもってリーグが
終了します。

最後まで残っていただいた4回生の
ためにも最終戦は勝利で終わりたい。


そんな勝利が求められた試合の
スターティングメンバーはこちら

FW            高砂
MF  近田    榎    中山
          田中  一柳
DF 中谷 北村 吉岡 濱田
GK            小栗


後半からの出場が多かった中山、
中谷がスタートから出場。

前半から勝負をしかける。



14時15分。
今季最後の90分がキックオフ!!



和大の立ち上がり
FWの高砂がボールを受け、タメを作り左サイドの中谷が駆け上がる。


すると、前半1分。
高い位置でボールを受けた中谷から
ファーサイドの高砂へクロス!

高砂はシュートを狙いにいくが
京教大DFに対応され、フォローに来た一柳へ。


一柳が楔を受けに来た中山へパス。
中山が反転し、スルーパス!

このパスに反応したのが




近田!!

相手GKと交錯しながらもなんとかねじ込み重要な試合で今季初得点!
1-0。


前半開始早々から勢い付く和大!

このまま追加点を取りたいところ。








しかし、和大は1点を取ったという気の緩みからかペースが上がらない。

すると、京教大の流れに。


そして、前半14分。
和大の右サイドを相手選手の個人技で突破され、GK小栗との1対1を作られてしまう。

京教大に冷静に流し込まれ失点。
1-1。



気持ちをもう一度締め直し
前半をリードして終えたい。



しかし、失点後もなかなか勢いに乗れない。

中盤の一柳、田中がボールを受けれず、攻撃が高砂のみで単調となってしまう。


徐々に一柳、田中の位置がボールを受けるために下がり、トップ下の榎の距離感が遠くなってしまう。


いい距離感でのポゼッションが
できず、和大の強みである崩しが
見れない状況に。




一方、京教大は個人技のあるFWにボールを収めタメを作り攻撃を展開。


和大ゴールを脅かす。


和大DF陣が粘り、なんとか防ぐ展開が続く。



しかし、前半45分。

和大左サイドからクロスが上がり、
このボールに反応した小栗がキャッチにいく。

しかし、小栗が相手FWと接触し
ボールをこぼしてしまい、これを
京教大に押し込まれ失点。1-2。



この失点の後すぐ前半が終了する。



続いて後半。
メンバーは引き続き同じ。


ハーフタイムに気合いを入れ直し、
前線からしっかりプレスをかけていくことを確認。

4回生の北村、山縣、楠木、菊池に
勝利を飾りたい。




後半キックオフ!



和大は立ち上がりから高砂を中心に積極的にプレスをかける。

それに続いて中山、榎も運動量を活かしプレスをかけていく。




すると、後半1分。
早くも和大にチャンスが訪れる。

相手コートのペナルティエリア付近で混戦となり、ボールを保持していた中山が倒されPKを獲得する。


このPKを中山が冷静に流し込み
追加点。2-2。

スコアをイーブンに戻す。


するとここから両チームの点の奪い合いが始まる。



後半7分。
小栗のゴールキック。

中盤でのセカンドボールの拾い合いになり、ボールは京教大へ。

京教大は一気に裏へボールを放り込み、FWが走りこむ。
対応するのは左SB中谷。

中谷がシュートを打たせないよう
体を張るも、相手FWはGK小栗の
ポジションを見て、ループシュート!

これが小栗の頭上を越え、ゴールへ吸い込まれ失点。2-3。



和大は下を向いている場合ではない。


勝利のため、追加点を取りに行く。


そして、後半13分。DFからのロングフィードを中山が高砂に落とし、高砂から左サイドを駆け上がった中谷へ展開。

そのまま中谷がスピードを活かしたドリブルで切り込み、FWの位置にいた中山へパス。それを榎へ落とし、榎がスルーパス!

反応したのは再び中谷!!

ゴール左隅へきっちり決め切り追加点。3-3。


流れに乗ったパスワークからの得点。
これで勢い付きたい!




だが、この後和大はなかなかボールを収められず単調な攻撃になってしまいうまくいかない。

前半同様、中盤が受ける回数が減り、ボールロストも増えてくる。

徐々に京教大に攻め込まれる展開に。


すると、後半26分。

和大、一柳からの楔のパスが京教大にカットされてしまい、一気にカウンターを食らう。

和大の左サイドにスルーパスが通り、ダイレクトでニアへクロス。
このクロスをゴールに叩き込まれ
失点を許してしまう。3-4。


残り時間も少なくなってきた和大。

状況を変えるために、後半30分に
近田に代え山縣を投入。
さらに後半39分に田中に代え小川を
投入。小川はFWの位置へ。


和大はDFラインからシンプルに蹴り、パワープレーをする。


しかし、前線の動きとDFラインの動きがかみ合わずロングボールがうまく上がらない。


すると後半41分。

和大は中盤でのパスを京教大にカットされてしまい、再びカウンターを食らう。

スピードのある相手FWが一人裏へ飛び出し、丁寧にゴールをきめ失点する。3-5。


和大は最後まで諦めてはいけない。

後半44分。
中山に代わり楠木を投入。

とにかく貪欲に得点を狙いにいきたい。






しかし、スコアはこのまま動かず試合は終了してしまう。


試合結果
前半  1-2  得点者  近田
後半  2-3  得点者  中山、中谷
合計  3-5



後期リーグ全節が終了した。


今日の結果では、4回生に勝利を送ることが出来なかった。

さらに和大は今季3部に降格してしまう。


この結果を真摯に受け止め、一年で
再び2部の舞台に舞い戻って来なければならない。

今日の試合の反省点を整理し、来季へとつなげていきます。




OBの皆様を始めとする和大を応援してくださった方々、1年間応援していただきありがとうございました。
結果としては、3部降格となり申し訳ありません。
一年で2部昇格を果たせるよう来季も
チーム全員で努力して参りますので今後とも応援よろしくお願いいたします。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    柳原 (木曜日, 27 11月 2014 12:56)

    リーグ最終戦でみんなの本気が見れず残念でした。お疲れ様でした。
    来季も頑張ってください。

  • #2

    OB (土曜日, 29 11月 2014 08:07)

    幹部のみなさん、4回生、本当にお疲れさまでした。結果は残念でしたが、このシーズンは必ず糧になると思います。結果がどうなろうとも、和大サッカー部を応援していないOBは1人もいません。来年も、全国のOBがみなさんの活躍を願っています。頑張ってください。

  • #3

    18番 (土曜日, 06 12月 2014 10:32)

    4回生お疲れ様です。