2月8日(日)VS関西外国語大学

更新が遅れてしまい申し訳ありません。

2月8日(日)に関西外国語大学と45分×3本の練習試合を行いました。

中山と田中を主将主務会議で欠く中での試合となりました。

1本目のメンバーは
FW              中谷

MF   近田        榎       下神
           吉岡     大幡
DF   大枝   菊川   小川   濱田
GK             小栗

です。
1本目キックオフ

スタートから和大ペースでボールが回る。

20分、接触により負傷した近田に代わり、高砂を投入。
榎、中谷を中心にパスが回るが、途中ボール回しのわずかなミスからカウンターになり、危ないシーンもあったが和歌山大学が先制点を決める。

27分、中谷から右サイドでパスを受けた下神がドリブルからセンタリング。高砂
に当たったボールを中谷が決め1-0とする。

その後も守り切り、44分には中谷のシュートをキーパーが弾き、セカンドボール
を拾った下神がクロスを上げ、それを吉岡が決め2-0とし1本目終了。

続いて2本目のメンバーは

FW            中谷

MF    下神     榎        南
            吉岡   大幡
DF   菊川   小川   高砂   濱田

GK            石井

です。

2本目キックオフ

キックオフと同時に相手がパスをつなぎ右サイドからのボールを合わせ1分に失
点。0-1

2分、1本目同様にパスを回していくが、低い位置でのパスミスを相手にカウンタ
ーされ、失点。0-2

失点のせいか、パスが1本目より回らず奪われるシーンが目立つ。

17分、相手にパスを回され右サイドを崩され10番がゴール前に上げたクロスに80
番がヘディングで合わせ0-3

その後何度か攻めの形ができるも2本目は全体でシュート4本と中々シュートまで
つながらない。

31分、パス回しから80番が抜け出し打ったシュートがバーに当たるもつめていた
6番が決め、0-4とされる。

パス回しが噛み合わないまま、35分には和大のコーナーキックのクリアボールに
追いついた80番と7番が2対1の状況を作り出し、最後は7番が決め0-5とされる。

点が欲しい和大は40分、中谷がディフェンスラインのパスミスをつきそのままシ
ュート。それが決まり1-5で2本目は終了。

勝って終わりたい3本目のメンバーは

FW        小川      南

MF   中谷                下神
           榎      大幡
DF   大枝   高砂   吉岡    濱田

GK             小栗
 
です。

3本目キックオフ

キックオフから和大ペースでボールが回り、右サイドへのロングボールから崩す
シーンが多く見られる。

勝って終わりたい和大は5分、中盤でボールを奪い小川が出したスルーパスを中
谷が決め、1-0。

10分、中盤でボールを受けた中谷からのスルーパスを南が決め、2-0とする。

その後も和大がパスを回し右サイドでの攻撃が多くなる。

32分、中谷の左からのクロスに下神が合わせ、3-0。

続く34分、中谷が右サイドにボールをさばき、下神がミドルシュートを決め、4-
0とすると、36分には中谷のコーナーキックが風の影響もありそのままゴール。5
-0と続けざまに得点し、勢いづく。

42分、中谷が左サイドから中にドリブルで切り込み、右サイド下神へスルーパス。
そのボールをうけた下神が右サイドをえぐり、マイナスのボールに合わせた中谷
が決め、6-0。

大量得点で3本目終了。


波に乗ると3本目のように良い形での得点も生まれますが、失点してしまった後
の続けて失点というのを今後より改善していく必要がありました。
詰まった時の打開の決まり事など今後の練習で考えていかなければいけないと感
じ、課題の残る練習試合となりました。



コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    閲覧者 (土曜日, 14 2月 2015 19:12)

    さすがに更新遅すぎです。

    このホームページは現役生のものではなくOBなどの外部との交流するための媒体であると認識すべきです。

    担当者がどなたか存じ上げませんがあまりにも失礼です。

  • #2

    OB (土曜日, 21 2月 2015 09:27)

    今年度の幹部って誰なんですか?今までは、幹部の役職の報告は、シーズンが終わると同時にまず第一になされていたはずです。