VS滋賀大学経済学部

318()J-GREEN堺人工芝グラウンドs6にて滋賀大学経済学部と40×220×1練習試合を行いました。

リーグ開幕まで2週間、和大としては連携の確認はもちろん、しっかりと勝ち切る癖をつけたいところ。

1本目のメンバーは以下の通りです。

FW              中谷

MF    下神  近田   中山     

             吉岡  大幡 

DF大枝  菊川  小川  濱田

                 石井

立ち上がりはボールが落ち着かない展開であったが、10分を過ぎたあたりから和大がボールを持つ時間が増え始める。

前線からのプレスによって何度か相手のミスを誘い、ショートカウンターの形で相手ゴールを脅かす。

先制点は和大。23分に相手のボランチに入ったボールを吉岡が突くと、ボールは近田の元に、それを見て素早く動き出した中谷にボールを送ると中谷はキーパーとの一対一を冷静にゴールへと流し込む。

この後は両チームともこれといった決定機を作ることができず、10で1本目を終える。

続く2本目のメンバーは

FW            中谷

MF    下神  近田   中山

              

DF 大枝  菊川  小川  濱田

                石井

4分、相手陣地からのクリアボールを小川が潰しに行くが入れ替わられ、菊川がマークしていた選手へと簡単にスルーパスを送られる、キーパーの石井との一対一とされるが、かわしてくるのを予測していた石井がこれをストップ。得点を許さない。

12分、浮き球に頭からいった中山が相手に顔面を蹴られ負傷交代。田中を左サイドハーフに入れ、下神を右へと移動させる。

17分、相手の右サイドへの展開をワンタッチで走りこんできた相手FWへ落とし、これに菊川が飛び出してしまいあっさりと入れ替わられてしまう。そこから左サイドへと展開され、一対一を作られる。濱田が遅らせ、二対一の状況にするが相手のシュートはカバーに入った小川の股を抜け、右のサイドネットへと吸い込まれる。

23分、菊川に変わり高砂を投入。

するとすぐ後のCKのチャンス、ニアで合わせたのは大枝。ニアでそらしたボールは逆サイドのゴールネットへと吸い込まれる。これで合計21

この後も相手よりシュートを放つも得点には至らず、このまま2本目を終える。

 

3本目のメンバーは

FW              

MF    下神  近田   田中

              榎   

DF 大枝  高砂  小川  菊川 

                 小栗

時間の都合上20分となってしまった3本目、なかなか前線での起点が作れず、シュートまで運べない。

16分、低い位置からボールを回すと中盤で田中がボールを失い、そのまま相手にミドルシュートを打たれる。シュートはキーパーの頭上を越え、バーをかすめてゴールの中へ。

和大は結局シュートまで行けずに、3本目は01のまま終了。

 

1本目:1-0

2本目:1-1

3本目:0-1

 

今回の試合を通して、サイドを使う意識、特に当てて落として展開という練習で取り組んでいる形が多く見られたのは成果であると言えるのではないだろうか。

逆に気になった点としてはボールを待ってしまったり、守備において裏への対応、ワンツーへの対応が悪い状況が見られたことである。今後の練習で改善に努めていきたい。

リーグ開幕まで2週間、自分たちのチームを自分たちでしっかりと作り上げていきたい。