後期リーグ第4節 VS大阪大学

10月18日に大阪大学で後期リーグ第4節が行われました。
相手は大阪大学。
スターティングメンバーはこちらです。
         藤原
 中谷     榎     中山
      一柳 近田
 小川 高砂 吉岡 濱田
        石井

前半、攻め込まれる時間が続く。
10分、和大フリーキックからキーパーにキャッチされ、そこから和大右サイドをドリブル突破される。
バイタルエリアで受けた相手FWが反転してシュート。
これを石井がセーブ。
13分、相手ボランチからのFWへの大きなスルーパスが通りシュートを放たれるも、ゴール頭上を越す。
16分、中央をドリブル突破され、相手FWへパスを出される。
和大ディフェンスは必死に戻るもペナルティエリア内で交わされシュートを打たれる。
これを石井が左足一本で防ぎポストへ直撃し、そのこぼれ球を詰められるも、石井の体を張ったプレーでゴールを守る。
石井のビッグプレーにチームは助けられる。
その後攻め込まれる時間帯が続くもなんとか凌ぎきる和大。
36分、一柳が中央をドリブル突破し、バイタルエリアで藤原へ横パス。
藤原は倒れ込みながらシュートを放つもキーパーに止められる。
40分、相手ディフェンスからのロングフィードで和大右サイドを利用され、バイタルエリアから強烈なシュートを放たれるも、ゴールに戻っていた小川がクリアする。

後半、藤原に代えて笠原を入れる。
中谷をFWに置き、笠原を左サイドに入れる。

後半3分、小川のクロスに中山が頭で合わせるもキーパー正面。
後半5分、和大側コート中央で相手にボールを取られ、和大左サイドに展開される。
そこから中へと折り返され、シュートを打たれる。
ボールはゴール頭上に行き、なんとか失点せずに守りきる。
14分、相手ボランチが中央をドリブル突破し、ペナルティエリア内まで運ばれるが、濱田の必死なディフェンスで防ぐ。
20分、相手フリーキックが中で合わせてシュートを打たれるもクロスバー直撃。
22分、相手コーナーキックがファーへ行き折り返したボールをシュートを打つも枠外。
和大は耐える時間帯が続くも集中力を切らさない。
24分、相手ディフェンスから榎がボールを奪うと中谷にパスし、それをダイレクトで左サイドに開いていた笠原へ。
笠原は左サイドをえぐりクロスを上げるも中へ合わず。
その流れたボールを逆サイドにいた小川が拾いシュート。
そのこぼれ球を詰めようとするもクリアされる。
28分、和大フリーキックを中谷が近場でパス交換から左サイドを駆け上がりクロス。
そのボールを高砂がヘディングシュートを打つもポスト直撃。
後半アディショナルタイム、相手の猛攻を受け、攻め込まれる。
和大ディフェンスの必死の戻りでシュートを打たれるも凌ぎきる。

ここでホイッスル。
0ー0のまま試合終了。

攻め込まれる展開が続く中、無失点で試合を終えたところは成長したものの、まだ得点力がない。
これからの練習でも得点する意識を上げるように取り組まなければならない。

リーグは残り5節ある。
しっかり勝ち切って勝ち点を取れるように頑張ります。



コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    心からの応援 (日曜日, 25 10月 2015 10:21)

    阪大とのゲームでの感想。
    まず、テンポが阪大と比べても遅いと感じます。現代のサッカーは、
    ダイレクトパスで、早く攻撃を仕掛けるサッカーです。Jリーグでは、浦和ですね。世界でも強いチームはそうです。
    残念ながら和大は、ボールをすぐに下げてしまいます。それでは、
    相手を楽にさせるだけです。古い時代のゆっくりとしたサッカーです。明日は、少なくともDFには、ボールを下げないサッカーを期待
    します。