リーグ戦第5節 vs大阪大学

 

5月4日(水曜日)に大阪大学で関西学生リーグ2Bブロック第5節が行われました。

 

 

 

今日の相手は大阪大学。

 

今年2部に復帰したチーム同士の戦いでもあり、これ以上の連敗は避けたい、絶対に負けられない戦いに挑む和大のスターティングイレブンは以下の通りです。

 

 

 

 中谷(11)  

 

笠原(16)         中山()

 

        山本(10)

 

    近田(17) 吉岡()

 

大枝(30)         道倉(18)  

 

    小川()  中山(56)   

 

       石井()

 

 

 

出場が危ぶまれた石井はなんとか出場し、メンバーは前節と変更なしで臨みました。

 

風上にエンドをとった和大。

 

大阪大ボールでキックオフ。

 

相手がそこまで前からかけてこないため、繋ぎにいく和大。

 

 

 

前半10分、ピンチが訪れる。

 

和大右サイド深い位置での相手のスローインからゴール前で混戦になりシュートを打たれるも石井がセーブ。

 

 

 

前半12分、またもピンチが訪れる。

 

ディフェンスラインが高い位置を取りポゼッションしていたところをボールコントロールミスからボールをかっさらわれて、GKとの11を作られる。このシュートはクロスバーに助けられ失点を免れる。

 

 

 

前半15分、スコアが動く。動かしたのは大阪大。

 

CKのピンチ。キッカーが放ったボールに和大の選手の前で合わせられてしまい失点。0-1とされる。

 

 

 

前半23分、スコアが動く。動かしたのは大阪大。

 

和大右サイドでのFKのピンチ。このFKは逆サイドまで流れる。しかし、逆サイドで組み立て直されてからセンタリングを上げられてしまう。これをフリーで頭で合わせられてしまい失点。0-2とされる。

 

 

 

前半32分、スコアが動く。動かしたのは大阪大・

 

和大右サイドの相手スローインから右サイドを突破されセンタリングを上げられてしまう。これをファーサイドでフリーだった相手選手に頭で押し込まれ失点。0-3とされる。

 

 

 

前半39分、スコアが動く。動かしたのは和大!

 

中谷が持ち前の個人技を魅せる。ボールを回していた相手DFのミスを見逃さずにボールを奪うと、ドリブルでゴール前まで持ち込みシュートを放つ。これがゴール右隅に決まり1点を返す。1-3とする。

 

 

 

中谷の得点で息を吹き返した和大イレブン。徐々にボールも流動的に回り始め、勢いも出てくる。

 

 

 

ここで前半終了のホイッスル。

 

 

 

ハーフタイムでは自分たちのミスから失点し流れを悪くしてしまっていること、相手が前からかけてきてないしもっと落ち着いてボールを回そうということ、点を取るためにもプレスを前からかけていこうということを確認し、逆転するためにもまずは1点から取りに行こうと話し合いました。

 

それに伴い、後半開始から中山(56)に代えて大幡(15)を投入して吉岡()を中山(56)のいた位置に、大幡(15)を吉岡()のいた位置に入れてボールをもっと回すことにしました。

 

 

 

風が強くなった後半、風下の和大。

 

大阪大ボールで後半キックオフ。

 

 

 

後半1分、いきなりピンチが訪れる。

 

和大左サイドを突破されるとセンタリングを上げられる。ボールがファーサイドまで流れるとフリーになっていた相手選手にシュートを打たれる。これは石井がセーブし失点を免れる。直後のCKで直接ゴールを狙われるも、クロスバーに助けられて失点を免れる。

 

 

 

後半8分、スコアが動く。動かしたのは大阪大。

 

和大左サイドから突破されるとゴールライン際までドリブルで持ち込まれ、ゴール前まで運ばれると、中にパスを出され押し込まれて失点。1-4とされる。

 

 

 

後半21分、笠原(16)に代えて藤原(26)を投入する。

 

この交代で藤原(26)と中谷(11)のツートップにシステムを変更し、山本(10)を笠原(16)のいた位置に変更し前からプレスをかけて点を取りに行こうとする。

 

 

 

吉岡がディフェンスラインに入ったことでボールが後ろでスムーズに回るようになり、大幡もしっかりボールを動かせるので次第に和大ペースになっていく。

 

 

 

後半30分、スコアが動く。動かしたのは和大!

 

相手のクリアボールを大幡が頭で中山へと繋ぎ中山が中谷へと繋ぐ。バイタルエリアでボールを受けた中谷が藤原に繋ぐ。これを藤原がシュートを放つも相手GKのセーブに遭いCKを得る。このCKのチャンスにキッカーは中谷。放たれたボールはフリーになっていた小川のもとへ。これを小川が落ち着いて足で流し込み、2-4とする。

 

 

 

後半40分、チャンスが訪れる。

 

大幡の大きな展開から左サイドでボールを受けた中谷がドリブルで相手を引きつけて前線の藤原と相手GKの間に絶妙なパスを出す。しかし、これは1歩足が届かず得点とはならない。

 

 

 

このまま和大がペースを握るもスコアを動かすことができずに試合終了のホイッスル。

 

 

 

前半 1-3(中谷)

 

後半 1-1(小川)

 

合計 2-4

 

これで3連敗となってしまいました。

 

自分たちでやれていた時間帯も長かったために悔やまれる敗戦となりました。

 

前期5試合を終えて2勝3敗の勝ち点6で現在7位につけています。

 

今日の試合に限らず、自分たちが2部でもやれている部分はチーム全員が感じ手応えを感じているので中断期間の1ヶ月でチーム力を高め、中断明けの4試合で勝ち点を積み重ねられるように頑張りますので応援よろしくお願いします。

 

また、中断期間中にも関西選手権が控えており、1つでも上に行けるよう頑張りますのでそちらの方も応援よろしくお願いします。

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    メジャー (木曜日, 05 5月 2016 19:32)

    結果は残念ですが、「自分達の時間も長かった」という言葉に、残りのリーグも期待してます。切替えて選手権頑張れ!。

  • #2

    とれとれ (月曜日, 09 5月 2016 21:45)

    修正すべき所はわかっていますか。良い所はもちろん残すべきですが、気持ち以外の所も、切り替えが必要なのかもしれません。その辺り難しいですね。
    選手権も頑張ってください

  • #3

    頑張れ (木曜日, 12 5月 2016 20:19)

    今、一番必要なことは、シュート数を増やすことです。
    1ゲーム平均6本では、厳しいです。
    ディヘンスが強ければ良いのですが、強いとは思えませんので、必ずシュートで終わることを徹底しましょう。

  • #4

    Portia Dahlgren (火曜日, 24 1月 2017 17:01)


    I go to see every day some sites and websites to read posts, but this webpage presents feature based articles.