リーグ戦第6節 VS京都大学

 

612日(日曜日)に京都学園大学で関西学生リーグ2Bブロック第6節が行われました。

 

 

 

今日の相手は京都大学

 

 

 

現在3連敗中となっており、ここで連敗を何としても食い止めたい。そんな絶対に負けられない戦いに挑む和大のスターティングイレブンは以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

               中谷(11) 

 

田村(13)         中山()

        山本(10)

    

    近田(17) 吉岡()

 

大枝(30)         道倉(18)

    小川()  山角(19)  

       

       石井()

 

 

 

 

 

 

 

雨が降りしきる中、和大ボールでキックオフ。

 

 

 

積極的に裏へ大きく蹴っていく和大。

 

 

 

思い切りのよいプレーから流れを引き寄せる。

 

 

 

すると前半8分いきなりスコアが動く。動かしたのは和大!

 

 

 

中央左サイドで相手ディフェンダーがクリアしたボールを田村がヘディングで弾くとボールはディフェンスラインの裏にこぼれる。これに反応した中谷が持ち味のスピードで相手を置き去りにすると、相手ゴールキーパーとの11を確実に沈め、先制に成功する!

 

 

 

 

 

時間が進み、徐々にボールが落ち着き始めると京都大のポゼッションが力を見せる。

 

 

 

前半26分、京都大のポゼッションから和大左サイドに展開されるとドリブルで切り裂かれ中央にスルーパスを入れられる。けれども相手の連携ミスで大事には至らない。

 

 

 

 

 

 

 

京都大の攻撃に耐える和大に再びチャンスが訪れる。

 

 

 

前半28分、石井のフリーキックを中山が裏にそらすと抜け出したのはまたもや中谷。堪らず相手ゴールキーパーが飛び出すと中谷が倒されてしまう。

 

ここでファールの判定が下され、PKを獲得!

 

 

 

このPKを中谷が自ら決め、20とする。

 

 

 

 

 

その後は京都大のポゼッションに対して、しっかりとブロックを敷いた和大。

 

失点することなく前半が終了する。

 

 

 

 

 

ハーフタイムでは、集中してこのまま試合を進めよう、もっと声をお互いに掛け合って相手のパスコースを切っていこうと今まで取り組んできたことを再確認して、後半に臨みました。

 

 

 

 

 

 

 

京都大ボールでキックオフ。

 

 

 

 

 

前半同様大きくボールを蹴ってリズムをつかんでいく和大。

 

 

 

 

 

後半11分、ピンチが訪れる。

 

和大左サイドからドリブルで縦に突破を許すと、速くて低いクロスが上がる。

 

このボールをフリーで合わせられてしまうが、シュートはバーの上へ。

 

難を逃れる。

 

 

 

 

 

後半13分、左サイドハーフの田村(13)に代えて笠原(16)投入。

 

 

 

 

 

後半23分、再びピンチが訪れる。

 

和大右サイドから中央に向かってドリブルで持ち込まれ、逆サイドの選手へとスルーパスが通ってしまう。

 

しかし、フリーで打たれるもゴールキーパー石井が立ちはだかり、ゴールを割らせない。

 

 

 

 

 

後半28分、和大もチャンスを作り出す。

 

相手のクリアボールを体に当てて拾った笠原が左サイドからドリブルでペナルティーエリア内に侵入するとクロスを上げる。このボールを相手ゴールキーパーが弾いたところに吉岡が詰めるも、雨の影響からボールがスリップ。

 

シュートを打ちきれない。

 

 

 後半30分、中山(8)に代えて藤原を投入(26)

 

 

試合が進むにつれ、少しずつ和大に疲れが見え始める。

 

何度も攻め込まれるもチーム11人が体を張った守備で絶対にゴールを割らせない。

 

 

 

 

 

後半43分、膝を負傷した笠原(16)に代えて岩橋(24)を投入する。

 

 

 

 

 

その後も相手の攻撃をなんとか耐え凌いだ和大。

 

 

 

試合終了のホイッスルが鳴り響く。

 

 

 

 

 

 

 

前半 20(中谷2

 

 

 

後半 00

 

 

 

合計 2-0

 

 

 

 

 

連敗を食い止める大きな勝利になりました。

 

 

 

今回の京都大学戦を戦うにあたり、走る・話す・気持ちの3つをキーワードに日々練習を積み重ねてきました。

 

 

 

この3つのキーワードをチーム全体が達成できたことによって得ることができた勝利だと感じています。

 

 

 

前期残り3試合でも全力を尽くして戦って行きます。

 

 

 

次回試合予告

 

 

 

619(日曜日)

 

リーグ戦第7

 

VS大阪大谷大学 @天理大学 1515分〜