リーグ戦第9節 VS神戸国際大学

 

73日リーグ戦第9節 VS神戸国際大学

 

 

 

73日(日曜日)に天理大学で関西学生リーグ2Bブロック第9節が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の相手は神戸国際大学。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分たちと近い順位のチームとの一戦。ここで勝利し、差を開きたい和大のスターティングイレブンは以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   中谷(11

 

 

 

 

 

田村(13)    山本(10)    藤原(26)

 

             

 

 

 

     近田(17) 吉岡(9)

 

 

 

道倉(18)                 西川(14)

 

                   小川(3)  山角(19)      

 

 

 

       

 

                              石井()

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱気が立ち込める中、和大ボールでキックオフ。

 

 

 

 

 

 

 

今節も徹底して裏へ蹴っていく和大。

 

 

 

 

 

 

 

前半7分、石井のゴールキックから山本がヘッドで逸らすと裏に走り抜けていた中谷がボレーシュート。

 

これは惜しくも相手キーパーに弾かれる。

 

 

 

 

 

 

 

前半12分、神戸国際大が反撃に出る。

 

和大左サイドから中央に切れ込まれるとスルーパスを出される。そしてマイナスクロスからシュート。ギリギリポストに当たり失点を免れる。

 

徐々に相手のポゼッションにより支配される時間が続く。

 

 

 

 

 

前半27分、スコアが動く。動かしたのは神戸国際大学。

 

全体的にラインを押し上げようとした一瞬の隙を突かれ、ロングボールから裏をとられてしまう。11を冷静に決められ01とされる。

 

 

 

 

 

前半34分、カウンターで和大右サイドからアーリークロスを入れられると、飛び出してきた相手フォワードが触る。あわや失点の場面も石井が鬼神の如きセーブを見せ、なんとかコーナーキックに逃れる。

 

 

 

 

 

しかし直後のコーナーキック。スコアを動かされてしまう。

 

コーナーキックを弾いたセカンドボールを拾われ、プレスをかけきれずにシュートを打たれてしまう。これを決められて02とされる。

 

 

 

 

 

 

 

2点ビハインドのまま前半終了のホイッスル。

 

 

 

 

 

ハーフタイムでは選手11人が全力を出し切れているのかを問い直しました。戦術の前に走る、話す、気持ちのすべてで相手に勝たなければならない。大前提であるこの3つを後半は全面に出していこうと声掛けしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和大ボールで後半キックオフ。

 

 

 

 

 

気持ちを入れ直した和大が攻勢に出る。

 

 

 

 

 

後半2分、小川から楔のボールが中谷に入るとターンして中谷がシュートまで持ち込む。ゴール左に外れるも勢いをつけていく和大。

 

 

 

 

 

後半5分、藤原(26)に代えて笠原(16)を投入。

 

 

 

 

 

後半12分、田村(13)代えて岩橋(24)投入。

 

ここで右サイドハーフの笠原を左のサイドハーフに移し、空いた右サイドに山本を入れる。そして岩橋をフォワードに配置して442の形に変更。

 

 

 

 

 

ここからチャンスを作り出す。

 

和大デフェンスラインでボールを奪うと右サイドの山本から中谷、岩橋、笠原と素早くパスで持ち上がり、笠原からもう一度逆サイドの山本へパスを送る。

 

ペナルティエリアに侵入した山本がグラウンダーのクロスを入れると走り込んだ中谷がシュート。しかし相手の身体を張った守備に阻まれてしまう。

 

 

 

 

 

ゴールに迫る回数が増えるもあと一歩のところで得点を奪えない。

 

 

 

 

 

すると後半30分、スコアが動く。動かしたのは神戸国際大

 

センターサークル付近でボールを奪われるとカウンターで和大右サイドを使われる。すぐに守備に戻るも逆サイドに展開され、ペナルティエリアの角からフリーでシュートを打たれてしまう。これが枠を捉え失点。03となる。

 

 

 

 

 

 

 

後半32分、石井(1)に代えて、森田(25)を投入

 

 

 

 

 

03とされるも和大は諦めない。

 

 

 

後半35分、スコアが動く。動かしたのは和大!

 

相手陣内でボールを奪い、右サイドの山本がドリブルで駆け上がる。そのままクロスを上げると、ペナルティエリア内で相手ディフェンダーの手に当たりPKを得る。

 

キッカーは中谷。圧しかかるプレッシャーを跳ね除けゴールに押し込む。13

 

 

 

 

 

後半42分、スコアが動く。動かしたのは神戸国際大。

 

またもやカウンターから和大右サイドに持ち込まれ、逆サイドに展開。精度の高いクロスから中でフリーだった相手にシュートを打たれる。これがゴールに入り失点。14とされる。

 

 

 

 

 

 

 

その後も最後までゴールを狙う和大だったが、試合終了のホイッスル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半 0-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半 12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合計 14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完敗となってしまいました。

 

 

 

気持ちの弱さやスタミナ不足など自分たちの弱点をそのまま突かれてしまう試合でした。

 

 

 

しかし逆にこれから後期に向けて自分たちに何が足りないのか、どのような対策をしていくべきかの指標ともなりました。

 

 

 

現在45敗でリーグ第7位に付けています。

 

 

 

1つでも上の順位、1つでも多くの勝ち点を獲得することを目指して後期リーグに向けて努力をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回試合予告

 

79()

 

新人戦 1回戦

 

VS森ノ宮医療大学 @兵庫県立大学神戸商科キャンパス