近国1回戦 VS大阪大学

 

723日 近畿国立体育大会サッカー部門1回戦VS大阪大学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

723日(土曜日)に大阪教育大学で近国1回戦が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の相手は大阪大学。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前期のリーグ戦では敗北してしまった対戦相手。その借りを返したい和大のスターティングイレブンは以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 

 

                   中谷(11)

 

 

 

 

 

笠原(16)    山本(10)    藤原(26)

 

 

 

     

 

     大幡(14)   近田(17)

 

 

 

 

 

 大枝(30)              道倉(18)

 

 

 

            竹川(6)  小川(3)      

 

 

 

                 

 

           石井(1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日差しが照りつける中、阪大ボールでキックオフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の10分間、徹底して裏へ蹴っていく和大。

 

 

 

序盤から攻め込まれる時間が続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半15分、スコアが動く。動かしたのは阪大。

 

和大右サイドからワンツーで崩されるとペナルティエリア内に侵入される。

 

すると和大ディフェンダーが足を引っ掛けてしまい、PKの判定。

 

これを決められて01

 

 

 

 

 

 

 

和大もポゼッションから徐々に自分達の時間を作る。

 

 

 

前半32分、左サイド高い位置でボールを奪うとそのままドリブルで持ち込み、シュート。しかしこれはキーパー正面。

 

 

 

 

 

続く前半34分、右サイドから中谷が中央に切れ込んで相手を引き寄せると、ダイアゴナルランで裏に抜け出した笠原にスルーパス。

 

笠原が滑りながらボールに触るもゴール横に流れてしまう。

 

チャンスをものにできない。

 

 

 

 

 

ゲームの流れを掴むも得点することが出来ずに前半を終える。

 

 

 

 

 

 

 

ハーフタイムではもっとボールを動かして自分たちの攻撃をしよう。

 

ただボールを回させられないように、相手にとって怖い攻撃をしようと声をかけをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和大ボールで後半キックオフ。

 

 

 

 

 

 

 

後半5分、相手陣内から裏へロングボールを通される。

 

11の場面を作られるが、石井が右足1本でセーブ。ゴールを割らせない。

 

 

 

 

 

個人技からセカンドボールを拾えず、相手に支配される時間帯に差し掛かる。

 

 

 

 

 

 

 

後半10分、笠原(16)に代えて田村(13)を投入。

 

 

 

 

 

後半12分、スコアが動く、動かしたのは阪大。

 

相手陣内でボールを奪われるとカウンターから中央にドリブルで侵入を許す。

 

和大ディフェンダーが追いすがり足を伸ばす。しかし無情にもファウルの判定。

 

再びPKを与えてしまう。

 

これを沈められ02となる。

 

 

 

 

 

 

 

後半17分、相手ディフェンスラインから裏へロングボールが通る。

 

そのまま個人技でペナルティエリア内に侵入され、シュートを打たれる。

 

しかしシュートはゴール左に外れる。

 

 

 

後半22分、右サイドバックの道倉が足首を負傷。道倉(18)に代えて山角(19)を投入。

 

同時に藤原(26)に代えて松岡(7)を投入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半26分、スコアが動く。動かしたのは阪大。

 

クリアミスからコーナーキックを与えてしまう。

 

するとコーナーキックからファーサイドに正確にクロスを上げられ、フリーで打たれる。これが決まり失点。03

 

 

 

 

 

 

 

和大も反撃に出る。

 

後半36分、左サイドでボールを持った中谷が個人技で中央まで運ぶと、相手ディフェンの隙を突いてミドルシュート。

 

しかし相手キーパーのファインセーブに阻まれる。

 

 

 

 

 

 

 

この後もチャンスを作り、ゴールに迫るも得点することが出来ず、試合終了のホイッスル。

 

 

 

 

 

前半 01

 

 

 

 

 

 

 

後半  02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合計  03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で敗退となってしまいました。

 

 

 

 

 

ポゼッションを利用して、上手く自分たちの時間帯を作ることが出来た点は普段から練習した甲斐もあり、修正出来始めています。

 

 

 

 

 

しかしボールを保持した状況からどう得点するのかが課題として見えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

そのために何が必要なのか、どのようにしてシュートの意識を持つのか。

 

 

 

 

 

これらのことをリーグ戦までの残りの期間で改善していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回試合予告 未定