練習試合 vs滋賀大学経済学部

12月4日()に、滋賀大学経済学部(彦根キャンパス)で練習試合を行いました。

 

 

 

全18節の結果、1年で3部リーグに降格という結果になりました。今年はまた新たに上を目指し直すためにも、まずは2部Bリーグ昇格を目指して頑張っていきたいと思います。

 

今回の練習試合である滋賀大学経済学部は新チームになり最初の対戦相手となりました。今回の練習試合の相手、滋賀大学経済学部はチャレンジリーグを1位で通過し、2部Bリーグに今年から昇格するチームです。

 

 

結果は以下の通りです。

和大 vs 滋賀大学経済学部

 

1本目:0−1

 

2本目:1−2

 

3本目:0−0

 

4本目:0−0

 

 

 

試合詳細は以下の通りです。

 

 

35分×4本で練習試合を行いました。1本目のメンバーは以下の通りです。

 

 

 

岩橋(24)

 

森下(2)         藤原(26)

 

山本(10)

 

松岡(7)    上田(34)

 

竹川(6)            三島(12)

 

山角(19)   中山(56)

 

森田(25)

 

 

 

 

滋賀大学経済学部ボールで1本目はキックオフ。

 

 

開始30秒、早くもチャンスが訪れる。

 

ハーフウェイライン付近での藤原のスローインから、上田のペナルティエリア付近への配球に岩橋が抜け出すも、後一歩のところで相手CBに拾われてしまい、大きく前へクリア。

 

 

2分、再び和大にチャンスが。

 

ハーフウェイライン付近から、山本と岩橋のワンツーによりボールをペナルティエリア付近にまで運ぶ。逆サイドから走り込んできた森下へ浮き球の配球を試みるが、相手CBにパスカットされる。しかし森下のタイミングの良いプレスで再びボールを奪取すると、山本を経由して岩橋へパスを回し、最後は岩橋がシュートするもゴール右へ逸れていき、惜しくもゴールならず。

 

 

3分、3度目のチャンスが訪れる。

 

森田のゴールキックを相手中盤の選手のクリアミスにより相手GKの方へ。それを岩橋が素早く寄せに行き、GKのミスキックを誘う。そのミスキックに森下が反応し、素早くシュートするもゴールポストのはるか上へ行き、ゴールならず。

 

 

 

その後、和大がやや優勢に試合を運ぶものの、なかなか決定的なチャンスとなることがなく、両者一進一退の試合展開を見せる。

 

 

 

10分、この試合初めての決定的なチャンスが訪れる。

 

両者カウンターが続く中、松岡、上田の連携によりコート中央でボールを奪うとそのまま松岡がドリブルで運び、サイドから駆け上がってきた藤原へパス。相手DF陣が対応する前にニアサイドへ鋭いシュートを放つも、相手GKがなんとか弾きゴールならずCKへ。

 

 

12分、最初のピンチを迎える。

 

相手陣内でボールを失うと、相手SBにロングボールを簡単に自陣中央付近へ入れられてしまい、相手FWがそれを拾ってサイドへ流す。そのままクロスをペナルティエリア内に入れられてしまうものの、CBの中山、山角の連携によりなんとか逆サイドへクリア。

 

 

15分、再びピンチを迎える。

 

三島から岩橋への送球をハーフウェイライン付近でカットされる。相手CB、サイドハーフ、ボランチのテンポ良いパス回しから自陣深くのサイドまでが運ばれニアサイドのクロスを上げられてしまう。走りこんできた相手FWにクロスボールを触られるものの、体を張った山角に当たり、GK正面。

 

18分、試合が動く。先制したのは滋賀大学経済学部。

 

自陣1/3程の位置で相手ボランチがスローインを受け、和大DF陣がプレッシャーをかけるものの巧みにかわされる。そのままペナルティエリア付近までドリブルで運ばれ、上手く抜け出した相手FWへスルーパス。中山がシュートを阻止するために滑り込んだものの、ワンタッチで切り返されゴール逆サイドへシュート。キーパーの脇を通されそのままゴール。

 

 

21分、相手GKのパントキックにより相手ボランチが弾いたボールの対処が悪く、CKを与えてしまう。

 

CKはニアサイドへ。そこへ走り込んできた相手FWに絶妙のタイミングで合わせてゴール隅へ。しかしGKの森田がファインセーブを見せる。ゴール隅へ向かうボールをなんとか弾き、ピンチを脱するものの再びCKへ。

 

 

2度目のCKは相手の中盤と競り合い、逆サイドへボールが流れる。それを藤原が大きくクリアし、相手CBが弾いたボールを上田が拾う。そのまま前へパスを試みるも相手DF陣が弾き返し、相手ボランチに拾われてカウンターを受けてしまう。

 

相手ボランチは裏のスペースを狙って蹴り、和大DF陣が弾く。しかし弾き所が悪く、相手FWがそのボールを拾い、ダイレクトでシュート。

 

シュートはニアサイドへ目掛けて向かっていくものの、またもや森田のファインセーブで失点を防いだ。

 

 

29分、ピンチを迎える。

 

相手サイドハーフとFWの連携により、ペナルティエリア内の侵入を許してしまう。和大DF陣がプレッシャーをかけてボールを奪いに行くも、スピードに乗っていて止められない。そして最後は左足で振り抜くもシュートはゴールを大きくそれてゴールならず。

 

 

その後は中盤での攻防が続くも、決定的なチャンスが作れず本目は終了。

 

 

 

 

 

2本目のメンバーは以下の通りです。

 

和大ボールでキックオフ。

 

 

 

藤原(26)

 

森下(2)         田村(13)

 

山本(10)

 

西川(14)    松岡(7)

 

竹川(6)            三島(12)

 

山角(19)   中山(56)

 

森田(25)

 

 

 

 

1分、和大がいきなりチャンスを作る。

 

左サイドからの森下のクロスは相手DFにクリアされるが、そのこぼれ球をペナルティエリア内で拾った西川がダイレクトシュート。これは惜しくもゴール右に逸れる。

 

 

8分、スコアが動く。先制したのは滋賀経済大。

 

相手陣内からのフリーキックを和大DFが連携ミス。そのこぼれ球を相手に拾われそのまま左サイドを独走される。センターバックの中山が必死に追いかけるもGKとの1対1を冷静に決められてしまう。

 

 

9分、和大がゴールに迫る。

 

右サイドの高い位置からプレスをかけ、山本がボールを奪う。そこから田村、西川が絡みペナルティエリアに侵入するが、相手DFにカットされてしまう。このこぼれ球を再び拾った山本が松岡に預け、左サイドをオーバーラップした竹川へサイドチェンジ。竹川のクロスに田村と西川が飛び込むがわずかに合わなかった。

 

 

12分、ピンチが訪れる。

 

左サイドでクリアしきれなかったボールが相手に渡ると、細かく繋がれバイタルエリアからのシュートを打たれてしまう。幸いこれはキーパー正面に飛んだため事なきを得る。

 

 

ピンチをしのいだ和大だったが、直後に追加点を奪われてしまう。ハーフウェイライン付近からダイレクトで裏にボールが出されると、抜け出した相手選手に対しカバーに行った和大DFが必死に追いすがるもゴール前まで持っていかれ決められてしまう。

 

 

15分、選手交代。FWの藤原に代えて岩橋を投入する。

 

 

その後、両者決定的なチャンスを作れないまま一進一退の攻防を繰り広げる。

 

 

25分、和大に決定的なチャンスが訪れる。

 

コート中央で松岡、山本のパスワークからサイドへ抜け出した西川にボールを繋ぐ。そのままペナルティエリアまでドリブルでボールを運ぶが、相手DFのファウルにより進路を阻まれる。しかしPKを獲得。

 

 

ここで決定的なチャンスが訪れる。キッカーは西川。ホイッスルが鳴る。西川は相手GKから見て左に蹴る。しかしそれを読んでいた相手GKが弾き、惜しくもゴールならず。

 

 

 

32分、再び和大にチャンスが訪れる。

 

和大がCKを獲得する。蹴ったボールはニアサイドへ飛んでいく。岩橋が上手く逸らすものの、相手DFが拾いクリア。しかしイレギュラーもあり、クリアミス。ボールは相手GKの頭上へ。それにすかさず三島が反応するがGKが弾く。その弾いたボールをさらに三島が詰めるも相手DFになんとかクリアされ、チャンスを逃す。

 

 

34分、スコアが動く。決めたのは和大。

 

ハーフウェイライン付近で西川がボールを持つとそれに反応した岩橋が裏へ抜け出す。相手DFに激しくプレッシャーを掛けられるも、上手くかわし、そのままボールを運んで行き、最後はニアサイドへ強烈なシュートを叩き込む。

 

 

 

そしてこのままスコアが動くことなく、2本目は終了。

 

 

 

 

 

3本目のメンバーは以下の通りです。

 

和大ボールでキックオフ。

 

 

 

 

馬場(21)

 

笠原(16)         田村(13)

 

岩橋(24)

 

西川(14)    上田(34)

 

森川(55)            道倉(18)

 

竹川(6)   三島(12)

 

石井(1)

 

 

 

 

10分、ピンチを迎える。

 

相手FWが自陣深くでボールを奪い、ゴールへ向かって行く。すかさず自陣に戻った三島のスライディングより、シュートブロック。ボールはサイドへはじかれて再びマイボールに。

 

 

その後もボール保持率では滋賀大学経済学部を上回り、サイド、中盤で攻防が続くも、決定的なチャンスが作り出せずに時間だけが進んでいく。

 

 

 

24分、チャンスが訪れる。

 

相手陣内深くで馬場、岩橋の連携により岩橋がサイドへ抜け出す。そのままニアサイドへクロスを上げるものの、上手く中と合わずにゴールならず。そしてそのまま相手DFによりクリアされる。

 

 

30分、再びピンチを迎える。

 

ハーフウェイライン付近で相手サイドハーフがボールを持ち、中央目掛けて運ぶ。そのままペナルティエリア手前に向けて走り込んでいる相手FWに向けてロングボールを入れる。しかしそこはGK石井の飛び出しにより、ピンチを脱する。

 

 

 

そしてそのままスコアが動くことなく3本目が終了。

 

 

 

 

4本目のメンバーは以下の通りです。

 

滋賀大学経済学部ボールでキックオフ。

 

 

川嶋(51)

 

稲垣(45)         野崎(39)

 

藤原(26)

 

松岡(7)    上田(34)

 

森川(55)            道倉(18)

 

山角(19)   中山(56)

 

森田(25)

 

 

 

5分、ピンチを迎える。

 

和大ボールのCKを獲得。しかしキックミスにより、自陣深くまで相手のパスワークのより、運ばれてしまう。そしてペナルティエリア内まで侵入を許してしまう。しかし松岡のクリアにより、危機を脱し、さらにカウンターで相手陣内深くまで侵入する。そして藤原、川嶋の連携で崩し、最後は川嶋がシュート。しかし枠を捉えきれられず、ゴールキックへ。

 

 

7分、再びピンチを迎える。

 

相手サイドハーフに自陣深くまでボールを運ばれ、そのままクロスを上げられる。ボールはファーサイドへ。しかし誰もおらず、そのままボールを追って、相手サイドハーフがペナルティエリアまで落ちてきた相手ボランチを使い、やり直そうとする。相手ボランチがダイレクトの浮き玉で相手FWにあてる。相手FWはターンしてシュートを打つが、当たりどころが悪く、威力なくGK正面へ。

 

 

 

12分、上田が負傷により、山本と交代。

 

 

 

14分、決定的なピンチを迎える。

 

自陣1/2程のラインでボールを奪われるとすかさず和大DFの裏を越すボールを入れられてしまう。そのボールに先に反応したのは相手FW。そのまま運び、相手サイドハーフに落として最後は左足で振り抜く。ボールはポストに当たりGKがキャッチ。

 

 

20分、山本、松岡と経由して走り込みんできた左サイドの森川へボールをつなぐ。そのままファーサイド目掛けてクロスを上げる。中とタイミングが合わず、相手DFになんとかはじき出されて、CKへ。

 

 

 

その後、試合時間は経過していくものの、決定的なピンチを迎えることなく、またチャンスを作ることができずに4本目終了。

 

 

 

新チームが始まり、課題が浮き彫りとなった試合でした。3部リーグに降格してしまったものの、なんとか1年で戻れるように今後2部昇格に向けてチーム一丸となって挑んでいきたいと思います。

 

 

 

 

次回の試合は未定ですが、行い次第書いていきたいと思います。