練習試合 VS滋賀大学経済学部

 

連続投稿失礼します。

更新が大変遅くなってしまい申し訳ございません。 

 

 

 

 

 

 

226日(日)に、和歌山大学で練習試合を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

今回の練習試合の相手である滋賀大学経済学部は、昨年の3部チャレンジリーグを1位で通過し、今年から2Bリーグに昇格するチームです。

 

 

 

 

 

 

 

結果は以下の通りです。

 

 

 

和大vs滋賀大学経済学部

 

 

 

1本目:0-0

 

 

 

2本目:3-0

 

 

 

3本目:1-0

 

 

 

 

 

 

 

試合詳細は以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

45×2本と40×1本で行いました。

 

 

 

 

 

1本目のメンバーは以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

                藤原(26

 

 

 

 

 

森下(2                  野崎(39

 

 

 

 

 

               山本(10

 

 

 

 

 

        松岡(7      西川(14

 

 

 

 

 

 竹川(6                    三島(12

 

 

 

 

 

          中山(56    山角(19

 

 

 

 

 

                    森田(25

 

 

 

 

 

 

 

1本目は和大ボールでキックオフ。

 

 

 

 

 

 

 

7分、和大はセットプレーからゴールに迫る。

 

 

 

 

 

左からのCK1度はクリアされてしまうが、再び中に放り込む。ゴール前での混戦の中、ボールを拾った山本が至近距離からシュートを放つが、これは枠を捉えられなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10分、和大がチャンスを作る。

 

 

 

松岡が左サイドの森下へ展開すると、サイドバックの竹川がすかさずオーバーラップをかける。竹川はセンタリングではなく、近くの山本にパスを選択。山本はフリーだったが力が入りすぎてしまい、シュートを抑えることが出来なかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和大は中盤が落ちて、サイドチェンジをしながら前を狙ったが、中々前線にボールが収まらない展開が続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17分、和大にピンチが訪れる。

 

 

 

左サイドで縦パスをカットされると、一気にカウンターを受ける。相手FWに裏に抜け出されるが、山角のカバーによってシュートはキーパーの正面に収まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22分、滋賀経大のセットプレー。

 

 

 

左サイドからのCKにニアサイドで合わせられるが、カバーに入った松岡がヘディングでクリアし、得点を許さない。

 

 

 

 

 

 

 

28分、再び滋賀経大のセットプレー。

 

 

 

左サイドからのCK1度はクリアするが、こぼれ球をダイレクトでシュートされる。和大DFに当たってコースが変わったボールを相手FWに詰められるが、これはわずかに枠を外れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1本目はこのまま終了。ボールは持っていたが、中々前線まで運ぶことが出来ず、シュート2本で得点を奪えなかった。

 

 

 

 

 

 

 

2本目のメンバーは以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

                 岩橋(24

 

 

 

 

 

森下(2                  藤原(26

 

 

 

 

 

               山本(10

 

 

 

 

 

        松岡(7      西川(14

 

 

 

 

 

 竹川(6                    三島(12

 

 

 

 

 

          中山(56    山角(19

 

 

 

 

 

                    森田(25

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2本目は滋賀経大ボールでキックオフ。

 

 

 

 

 

 

 

3分、いきなり和大が先制する。

 

 

 

相手のゴールキックを西川が競り勝ち、岩橋へ。岩橋はターンからドリブルで2人を抜き去りゴールに迫る。シュートは1度キーパーに止められるがこぼれ球を自ら押し込み、先制点をもぎ取った。(1-0

 

 

 

 

 

 

 

6分、和大が追加点を奪う。

 

 

 

左サイドで竹川、山本、森下と繋ぎ再び山本がボールを受け、裏へスルーパスを出す。このボールを受けたサイドバックの竹川が身体の強さを生かして敵陣を突破し、ゴールネットを揺らした。(2-0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13分、和大が3点目を奪う。

 

 

 

中山のヘディングを藤原がダイレクトで最前線の岩橋へ繋ぐ。岩橋はゴール前で2人に囲まれながらキープし後ろへ落としたところに、山本が左足を振り抜きゴールを奪った。(3-0

 

 

 

 

 

 

 

20分、和大がピンチを迎える。

 

 

 

右サイドでボールを奪われ、中央の相手FWへパスが通る。そのままターンされ、ペナルティエリアの外からシュートを打たれたが、これは枠外へ飛んだ。

 

 

 

 

 

 

 

29分、和大がゴールに迫る。

 

 

 

ヘディングのセカンドボールを山本が収めると、前に出ていたキーパーを確認し30メートルほどの距離からシュートを打つ。枠を外れてしまったが、ゴールへの積極性をみせた。

 

 

 

 

 

 

 

32分、和大がチャンスを作る。

 

 

 

敵陣の左サイドでボールを拾った竹川が後ろを回った山本にヒールパス。山本の低いセンタリングに逆サイドから走りこんだ藤原が合わせるが、相手キーパーのスーパーセーブにより得点を奪えない。

 

 

 

 

 

 

 

41分、和大の選手交代。

 

負傷した森下(2)に代えて上田(34)を投入する。

 

 

 

 

 

 

 

2本目はリードして終了。

 

 

 

2本目はセカンドボールを拾うことが出来たことと球際を厳しくいけたことで、優勢に試合を進めることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

3本目のメンバーは以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

                  川嶋(51

 

 

 

 

 

竹川(6                        稲垣(45

 

 

 

 

 

                馬場(21

 

 

 

 

 

        中谷(11         上田(34

 

 

 

 

 

森川(55                        道倉(18

 

 

 

 

 

        山角(19        三島(12

 

 

 

 

 

                   森田(25

 

 

 

 

 

今回も4回生の中谷さんに出場していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

3本目は和大ボールでキックオフ。

 

 

 

 

 

5分、和大が先制ゴールを奪う。

 

 

 

中谷がピッチ中央でボールを奪いカウンターを仕掛ける。ボールを運び左サイドの竹川へ。竹川はダイレクトで打ったシュートはキーパーに弾かれるが、こぼれたボールを川嶋はコントロールから豪快に右足を振り抜きゴールを奪った。(1-0

 

 

 

 

 

 

 

12分、和大がチャンスを作る。

 

 

 

左サイドを突破した中谷がタッチライン際からセンタリングをあげると、逆サイドハーフの稲垣がボレーで合わせる。しかしこれはクロスバーを越えてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

和大は中盤の中谷と上田が積極的に前線へ飛び出しチャンスを作ろうと試みる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30分、和大がチャンスを作る。

 

 

 

右サイドで稲垣がボールを受けると、ゴールに向かってドリブルを開始。スピードで1人をかわし左足でゴールを狙ったが、枠は捉えられなかった。

 

 

 

 

 

34分、滋賀経大のセットプレー。

 

 

 

左サイドからのCKをファーサイドで合わせられる。しかし、森田が枠内へ飛んだボールをしっかりキャッチした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3本目はこのまま終了。

 

 

 

 

 

12月の再戦となった試合でしたが、前回のリベンジを果たすことが出来ました。

 

試合を通してビルドアップがまだ上手くいかず、中々前に進むことが出来ないという課題が浮き彫りになりました。この試合で出た収穫と課題をリーグに向けて改善に取り組んでいきたいと思います。