前期リーグ第4節 VS神戸医療福祉大学

 

5月3日(水)に、前期リーグ第4節が神戸市外国語大学グラウンドで行われました。

 

 

 

 

 

今回の対戦相手は神戸医療福祉大学です。

 

 

 

 

 

スターティングメンバーは以下の通りです。

 

 

 

 

 

                  岩橋(24

 

 

 

  森下(2                         田村(13

 

 

 

                   山本(10

 

 

 

            松岡(7      西川(14

 

 

 

竹川(6                           三島(12

 

 

 

          中山(56        山角(19

 

 

 

                     石井(1

 

 

 

 

 

前半は神福大ボールでキックオフ。

 

 

 

 

 

7分、和大にチャンスが訪れる。

 

 

 

相手のクリアを岩橋が競り勝ち森下へ。森下が深い位置からの折り返しをGKがファンブル。ここに田村が詰めていたがゴールに押し込むことができなかった。

 

 

 

 

 

9分、今度は神福大がゴールに迫る。

 

 

 

ゴールキックを頭でつながれ、相手FWがペナルティエリア外からボレーシュートを打たれてしまう。これはわずかに枠の外となった。

 

 

 

 

 

13分、和大が先制ゴールを奪う。

 

 

 

山本後ペナルティエリア内で倒されPKを得る。このチャンスを山本がきっちり決め先生に成功する。(1-0)

 

 

 

 

 

36分、和大にセットプレーのチャンス。

 

 

 

右からのCKを竹川が高い打点から頭で折り返したボールに田村が合わせる。しかしボールはクロスバーに阻まれゴールとはならなかった。

 

 

 

 

 

40分、和大の攻撃。

 

 

 

山角のインターセプトから岩橋がフリーで抜け出した西川へ。しかし相手GKと1対1で狙ったシュートは少しコースが甘くストップされてしまった。

 

 

 

 

 

ここで前半終了。

 

 

 

 

 

後半は和大ボールでキックオフ。

 

 

 

 

 

8分、スコアが動く。動かしたのは神福大。

 

 

 

和大は自陣でのFKのリスタートを相手FWに狙われ、そのままゴールを決められてしまった。(1-1)

 

 

 

 

 

15分、和大に再びピンチ。

 

 

 

神福大が左サイドから切れ込みゴール前へスルーパス。GK11になったが、石井がシュートをストップし逆転ゴールを許さない。

 

 

 

 

 

24分、和大に待望の2点目が入る。

 

 

 

田村の右からのセンタリングに合わせた竹川のシュートはブロックされるが、こぼれ球を三島が粘り最後は岩橋が押し込んだ。(2-1)

 

 

 

 

 

39分、和大の選手交代。

 

 

 

田村(13)に代えて藤原(26)を投入する。

 

 

 

 

 

46分、和大がリードを広げる3点目を奪う。

 

 

 

西川が相手GKのキックをカット。ボールはそのまま外に出そうだったがなんとか残し、ゴール前まで駆け上がってきた岩橋に預ける。岩橋はこのチャンスをきっちり決めきった。(3-1)

 

 

 

 

 

ここで試合終了。

 

 

 

 

 

試合結果

 

 

 

和大vs神福大

 

 

 

3-1

 

 

 

前半

 

1-0

 

 

 

後半

 

2-1

 

 

 

 

 

応援ありがとうございました。まずは中3日の厳しい日程のなかで勝ち点3を取れたことは非常に大きかったです。しかし試合内容は攻守両面で多くの課題が浮き彫りになり、自分たちのペースで試合を進めることが出来ませんでした。今回の試合で得たものを持ち帰り、今回のような試合を繰り返さないよう改善を続けていきます。